老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

ローンと税負担の大きな持ち家よりも魅力的な賃貸物件

賃貸物件というのは、自分のものにならないものですから、仮住まい感覚の人も多いのですが、人によっては、希望を叶えるには持ち家などよりも賃貸物件のほうが良いと考えて、一生の住まいを賃貸に求める人もいます。実際に家やマンションを購入して、数千万円を30年あまりのローンを組んで支払っても、子どもの世代は遠い所に住む可能性も在り、空き家になってしまうとか、20年くらいで殆どのカ所をリフォームするなり、建て替えるなりしなければ、傷み具合や家族構成の変化に耐えうるものでなかったりということがあります。

毎月十万円近い返済と年間何十万円かの固定資産税、近所づきあいなどを考えると、賃貸マンションであれば十分に高級なところに住めますし、こだわりのデザイナーズマンションでも持ち家の費用以下で住むことができます。そして、次の世代もまた、住まいについては好きなようにできるので、世襲することに負担になることはないため、自由な人生を選ぶことができます。そのためには、一生賃貸でよいと思える質の良い物件がたくさんあるということが条件になりますが、質の良い賃貸物件情報をたくさん管理している不動産会社をパートナーにする必要があります。