老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

賃貸物件に住んでいる人のための住宅購入術

現在、賃貸物件に住んでいる人でも、老後のためにマイホームを購入しようと考える人は多いものです。しかし、多くの場合、マイホームを購入するためには住宅ローンを組む必要があります。現役で働いている人は、住宅ローンを返済しつつ、並行して、子どもの教育費を払い、同時に老後にも備えていかなければなりません。老後のための資金としては、諸説ありますが、少なくとも3000万円程度は必要だと言われています。

ただ、それまでずっと賃貸物件に住んでいた人がマイホームを購入しようとするとき、老後のことにまで気が回らず、無理な住宅ローンを組んでしまう、ということが起こりがちです。住宅ローンの返済が苦しくなって途中でマイホームを売却しなければならないことになってしまうと、老後には貯金もマイホームもないということになりかねません。

そこまでいかなくても、老後の住みかだけは確保できたものの、生活費に余裕がまったくない、という事態は十分に起こり得ます。ただ、かといってずっと賃貸物件に住んでいたのは、家賃をずっと支払い続けて、住宅は手に入らないという結果になるので、これはこれで辛いものがあります。そう考えると、老後のことを見越して考えるなら、なるべく少ない金額の住宅ローンを組んでマイホームを購入する、ということになります。