老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

一人暮らしには家具家電付きの賃貸物件がオススメ

地方から東京に上京して、一人暮らしをするという人は沢山います。大学に入学するタイミングで一人暮らしを始める人や、大学を卒業して企業に入社するタイミングで一人暮らしを始める人など様々です。そして、何れにしても暮らすために必要なものを購入して取り揃えなければ生活することが出来ません。

たとえば、生活の中で必ず必要となって来る家電は、購入しておく必要があります。そして、冷蔵庫や洗濯機、エアコン、テレビなど、本人が必要と思う家電を購入することになる訳ですが、それだけのものを全て購入するとなると、どんなに安いものを買い求めたとしても大きな出費になってしまいます。もちろん、一人暮らしをするには家電だけではなく、カーテンやテーブル、ベットなど、家具やインテリア用品も購入することが必要になります。

そして、その他にも初期費用として家賃に関するものが必要になりますので、一人暮らしをスタートする前に、かなりお金が必要となってしまうというのが現状です。ところが、家具家電付き賃貸物件の場合には、生活に必要な家具や家電が全て揃っている環境が提供されることになります。冷蔵庫も、洗濯機も、テレビなども全て一式揃っているわけですから、入居日前に色々と調べて購入したりする手間が一切かかりません。入居日には、手荷物一個だけを持って入居するだけで、その日から快適に一人暮らしをスタートすることが出来る環境が整っているのです。