老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

賃貸物件を探すにはまず情報収集から始めましょう。

賃貸物件を見つけるには、まずは情報収集から始めましょう。自分が居住し生活するためには、様々な条件があるかと思われます。例えば、「駅から近い(通勤に便利)」、「家賃が手ごろ」、「食料品を購入するのに便利な場所」、「どんな街に住みたいか」など様々な条件があります。個人の条件は不動産屋さんにはニーズになりますから、どこでもいい、では相手も困ることでしょう。昨今はインターネットが発達していますから、賃貸物件情報はいくらでも見ることはできます。間取り、方角、建物の構造、などは情報提示されていますから、インターネット上で絞り込むことも可能です。

情報収集ができれば、次は現地に行ってみます。実際、イメージと違って見える場合も少なくないため、確認行動を起こします。条件とイメージが近かったら、不動産屋さんと相談交渉にかかります。入居時期、権利金など事前資金が必要な場合があります。そして契約段階に進みます。賃貸は、居住空間を借りるわけですから、そのために鍵を貰って預かります。そのための契約事項ですから、決して鍵の貸し借りではないということに注意が必要です。居住空間は個人のプライバシーですから、完全に確保されなければ賃貸物件としては、改めて検討する余地を残します。快適な住環境を提案する不動産屋さんは、住まいを紹介する責任は重大で、物件所有者は管理責任を背負うことになります。